Microsoft、5Gを見据えAffirmed Networksを買収

マイクロソフトは、急成長する5G市場を見据えて、仮想化モバイルネットワーク企業のAffirmed Networksを買収します。

Affirmed社には、ボーダフォン、オレンジ、テルス、AT&T、ソフトバンクなど、100社を超える通信キャリアが顧客として名を連ねています。

契約条件は明らかにされていません。Affirmedは2月の3800万ドルを含み今までに1億5000万ドル以上を調達し、500人以上を雇用しています。

5Gの獲得

MicrosoftのAzure Networking部門のコーポレートVPを務めるYousef Khalidi氏は、「ソフトウェアは、5Gの促進を支援し、スピード、コスト、セキュリティの段階的な進歩をもたらす新たなネットワークソリューションを提供する上で重要な役割を果たすと考えている。」と語っています。

「業界全体に渡る既存企業と新規参入企業双方にとって、革新し、協力し、そして新たな市場を創出することで、相互の顧客のネットワークとエッジコンピューティングのニーズに対する非常に大きな市場機会がある。」

買収発表の少し前に、Affirmed社はAnand Krishnamurthy氏を新しいCEO兼社長に任命しました。「私たちはオープンかつクラウドネイティブであり、Webスケールで対応できる未来のモバイルネットワークモデルを構築した。すべては従来のネットワークのコストの70%で実現する。」と、Krishnamurthy氏は同社の売却を発表したブログ上の投稿で述べていました。

– shutterstock

「この取引が完了すると、仮想化と5Gで業界を変革するリーダーになるためにゼロから立ち上げた会社、Affirmed Networksは、Microsoftの一員となる。」

この買収劇は、競合のGoogle CloudがAnthos for Telecomをローンチ後わずか数週間後に行われ、そして同社は現在、AT&Tと提携し、5G エッジコンピューティングソリューションのポートフォリオをテストするとしています。AT&TはAzureの主要な顧客でもあります。

Data Center Dynamics

原文はこちら