アンチパスバック

– DCPRO DCDAコーステキストより抜粋

アンチパスバック(共連れ防止機能)とは、カード認証操作なしの入退室を防ぐ機能です。
同一のアンチパスバックグループに登録された入室リーダ、退室リーダにおいては、「入室」→「退室」、「退室」→「入室」の手順をふまないと、エラーを記録し開錠できません。
主にセキュリティレベル高い部屋に設けられ、共連れ防止機能として使用されます。
また、入退室管理システムには不審者の「入室防止」の機能がありますが、同時に「退室防止」の機能もあります。

仮に不審者が入室したとしても、退室させなければ情報漏えいの危険性を減らすことができます。
情報セキュリティにおける出口対策の位置付けにあたります。

マントラップと呼ぶ場合もあります。




« Back to Glossary Index

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。