Equinix、カナダBellのデータセンター25施設を買収へ

エクイニクスは、カナダの通信事業者Bellから13サイトに渡る25施設のデータセンターを買収します。

7億5,000万ドル(10億カナダドル)規模の本取引は2020年後半に完了が予定されています。施設全体では600社を超える利用顧客がおり、そのうち約500社はエクイニクスにとっての新規顧客となります。

尚、シティとJPモルガンがエクイニクスの投資顧問を務めました。

巨大企業が更に巨大化

データセンターは、トロントとオンタリオにあるエクイニクスの既存サイトに加わり、更にアルバータ州カルガリー、 ブリティッシュコロンビア州カムループス及びバンクーバー、ニューブランズウィック州ミリッジビル、 ケベック州モントリオール、オンタリオ州オタワ、マニトバ州ウィニペグにフットプリントを拡張します。

慣習的な買収条件を満たし、契約が成立した場合、エクイニクスは年間収益でおよそ1億500万ドル(1億5000万カナダドル)を生み出すと予想されています。

「この拡張は、カナダ企業と共に、Platform Equinixを活用し、カナダでの顧客・ビジネスパートナー・その他の戦略的企業など豊富なエコシステムと相互接続し、カナダでのデジタルプレゼンスを高めようとする多国籍企業にとって重要な勝利となる。」と、エクイニクスの社長兼CEOのチャールズマイヤーズ氏は述べています。

– shutterstock

買収の一環として、エクイニクスはBellと提携し、データセンターを通じて通信事業者サービスの一部を提供します。Bell Business MarketsのプレジデントTom Little氏は次のように述べています。「我々とエクイニクスとのパートナーシップは、相互接続されたエクイニクスのグローバルデータセンタープラットフォームへのアクセスと、Bellの高度なブロードバンドネットワーク接続、幅広いクラウドソリューション、経験豊富なプロフェッショナルサービスチームとの組み合せにより、カナダの企業顧客のデジタルトランスフォーメーション機会を更に加速させるだろう。」

エクイニクスは現在、55か所の都市部に渡り210棟以上のデータセンターを運営しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら