米連邦裁判所がMicrosoftのJEDI契約を一時停止、Amazonの上訴を保留

米国防総省のJEDIクラウド契約は公式な一時停止措置が取られ、その運命は今後法廷で争われることとなりました。

Amazonは、米大統領からの不適切な影響によりMicrosoftに敗北したと主張し、この大規模な軍事契約の差し止めを求めています。

米軍は待機する必要がある

10年間で最大100億ドル相当にのぼるJEDI( The Joint Enterprise Defense Infrastructure )契約は、2019年10月にMicrosoftが受注し、当初の予定では2月11日に作業が開始される予定でした。

しかし、1年以上に渡り最有力候補企業であったAmazonは、トランプ大統領がAmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏に対する個人的な憎悪の理由で、同社の契約獲得を阻止した、と主張しています。億万長者のジェフ・ベゾス氏は、トランプ氏が頻繁に攻撃していたワシントンポスト紙のオーナーでもあります。

AWSがこの事実を立証しようとする裁判は現在初期段階にあり、そして訴状はこの問題が収束するまでJEDIの開始を遅らせる目的で提出されています。不適切なホワイトハウスからの圧力を否定する国防総省は、この遅延行為を阻止しようとしています。

この一時的な停止命令により、予定された早期の発注を開始できないため、月に500万〜700万ドル程度のコストがかかってしまうと国防総省はコメントしています。

– shutterstock

「我々は本日の判決に失望しており、今回の上訴により取られた措置がDoDの近代化戦略の実現を不必要に遅らせ、米軍が緊急に必要とする一連の能力を奪ったと考えている。」とRobert Carver中佐は語っています。

「しかし、MicrosoftとのJEDI Cloud契約締結には自信を持っており、この重要な機能をできるだけ早く効率的に軍に届けられるよう注力する。」

Patricia E. Campbell-Smith判事は最終的にAmazonに対し契約を遅らせることには同意したが、申し立てが不当に提出されたことが証明された場合、Amazonは(この遅延にかかる)費用を賄うために4,200万ドルの債券を提示しなければならないとしています。裁判官の決定に関するその他の側面については改訂されました。

Amazonの控訴審は現在進行中で、同社はとりわけトランプ大統領を退任させようとしています。それは今回の調達プロセスが政治的な汚職によるものかどうかを明らかにすることを支持する民主主義擁護団体によって支援されています。

Data Center Dynamics

原文はこちら