Vast Dataが12億ドルの評価額で1億ドルを調達

パンデミック時代のフラッシュユニコーンになる

フラッシュストレージのVast DataはシリーズCの資金調達で1億ドルを調達し、同社の評価額を12億ドルとしました。

Next47が率いるこのラウンドでは、同社への総投資額は1億8,000万ドルに達しました。

莫大(Vast)な手元資金

「我々は、データセンターを簡素化し、かつてないほどの洞察を可能にするという、ひとつのミッションの元Vast Dataを立ち上げた。」と、同社の創設者兼CEOであるRenen Hallak氏は述べています。

同社の顧客には、National Institutes of Health、Squarepoint、Krystal Hosting、Ginkgo BioWorks、DownUnder GeoSolutions、General Dynamics、Harvard Medical School、およびZebra Medicalが含まれています。

「Vastが4,000万ドルのシリーズB資金調達を利用しなかったことを考えると、会社は現在、次世代インフラに対する世界的な顧客の需要を満たすため、そして継続的なイノベーションを通じてデータドリブン型アプリケーションを実現するために、1億4,000万ドルの資金を保有している。」と、Hallak氏は言います。

Covid-19に伴うロックダウンのため、投資家との交渉はビデオ会議で処理されたとHallak氏は言います。

新たな資金を受け、同社は既存の145名の従業員に加え、更に100名を追加する予定です。

Data Center Dynamics

原文はこちら