SAP Commerce Cloudがシンガポールに登場

SAPは、シンガポールにSAP Commerce Cloudのデータセンターを開設し、アジア太平洋地域(APAC)の企業に向けたサービスを提供すると発表しました。

この施設は、Microsoft Azureも収容するデータセンター内に配置されると理解されています。

クラウドを共に

SAPデータセンターは、オーストラリア、中国、香港を含むリージョンのネットワークを完成させます。 SAPは、このシンガポールデータセンターが、顧客が最小限の遅延とパフォーマンス問題でSAP Commerce Cloudを導入できるようにする上で「主要な役割」を果たすと述べています。

シンガポールを選択した理由は、地政学的な安定性とデータプライバシーの遵守です。 シンガポールのデータセンターは、東南アジアとインドの顧客向けのSAPの規定施設として機能します。

「APACでのデジタルコマース環境は、これまでにない成長機会を企業に提供します。お客様がエクスペリエンス・エコノミーへの移行を支援するという目標とともに、この地域はSAPの主要市場になるでしょう。」 と、SAP Southeast Asiaの副社長兼カスタマーエクスペリエンス部長のAtul Tuli氏は述べています。

marina bay – pxhere/cronus2010

「新しいシンガポールデータセンターにより、クラス最高のコマースクラウドソリューションを利用する顧客へ、より良いサポートを提供できるようになるでしょう。」と彼は言いました。

Data Center Dynamics

原文はこちら