IBM Cloud、国内2番目となる「大阪リージョン」を開設

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は29日、「IBM Cloud大阪リージョン」を開設し、運用を開始したと発表した。日本国内では東京リージョンに続く2番目、グローバルでは7番目のマルチゾーンリージョン(MZR)になるという。

 大阪リージョンは、東京リージョンと同様に、IBMで第2世代(Gen2)となるクラウドアーキテクチャーを採用。IBM Cloud Content Delivery Network(CDN)のエッジ拠点数、選択可能なベアメタルのマザーボードの種類、プロセッサーの種類といったキャパシティが増強され、仮想サーバーのネットワーク帯域やデプロイ時間などのパフォーマンスが向上したインフラとなっている。