ハイパースケールデータセンターとは?【特集】

クラウドを支える巨大設備をご紹介

「ハイパースケールデータセンター」とは何でしょうか?ハイパースケールデータセンターとは、膨大なデータ処理とストレージを必要とする企業が建設する大規模な施設のことです。これらの企業は、施設内で稼働するアプリケーションやウェブページから直接収益を得ることもあれば、第三者にテクノロジーマネジメントサービスを販売することもあります。

データセンターが何なのか分からないという方は、こちらをご覧ください。

自社内でITシステムを運用する企業が減少し、リモートでの管理や完全なアウトソース化が好まれる中、クラウドサービスに対する需要の増加に対応し、インターネット企業、5G、AI、IoT市場の拡大に対応するために生まれたのが、世界のデジタルシステムの多くを動かす中心地となるハイパースケール施設です。

ハイパースケールデータセンターの決定的な特徴の1つは、急速に増加する需要に対応するためのスケールアップ能力( 一般に年に数MW程度が拡張される)です。その設計は迅速な構築の必要性に基づくものであるため、サーバー、ストレージ、ラック、電源、そして冷却システムに至る全ては、導入の簡素化、効率性向上、そしてコスト削減の目的で、通常はすべてが標準化されています。

<この続きを読むにはユーザログインが必要です>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。