• 特集
  • ここでしか読めないオリジナル記事

海底ケーブルとは?海底光ファイバーについて解説【特集】

私たちのワイヤレスの世界は海底に敷設された数百本の光ファイバーケーブルに依存している

近年、ワイヤレス化が進んでいるとはいえ、その接続性は海底にあるケーブルに依存しています。

海底ケーブル」とは、海底に敷設された世界の国々を結ぶ光ケーブルのことです。長さが数千マイルに及ぶこともあるこれらのケーブルは、膨大な量のデータをある地点から別の地点へ迅速に伝送します。

海底ケーブルとは?

冒頭でも説明したように、海底ケーブルとは、海中に敷設され、2つ以上の陸地を結ぶ光ファイバーケーブルのことです。

現在のケーブルは、情報を伝送する光ファイバーをシリコンゲルで覆い、その上にプラスチック、スチール配線、銅、ナイロンなどを重ねて絶縁し、海の野生動物やアンカー、釣り、天候やその他の自然現象に起因するケーブルの損傷を防いでいます。

ケーブルの敷設は、この目的のために特別に改造された船を使い「ウェットプラント(wet plant)」と呼ばれるインフラを輸送し、海底にゆっくりと敷設されます。この特殊な船は、何千キロもの光ケーブルを海に運ぶことができます。また、特殊な海底耕耘機を使用して、アンカーや漁業などの海洋活動が最も盛んで、海底ケーブルが損傷する可能性がある海岸線に近い海底に海底ケーブルを固めて埋め込みます。

米国ニュージャージー州のケーブル陸揚げ局NJFXの創設者兼CEOであるGil Santaliz氏は、「海底ケーブルは150年以上前から存在しており、国や大陸間の通信手段として利用されてきた」と説明します。

<この続きを読むにはユーザログインが必要です>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。