コロケーションプロバイダーNextDC、2020-21年に力強い成長を遂げる 

NextDCは、2021年6月期に好調な収益を計上し、EBITDAを改善し、損失の縮小を報告しました。

2021年6月30日までの12ヶ月間で、同社の収益は2億ドルから2億4,610万ドルへと前年比23%増加し、EBITDAは1億300万ドルから1億3,300万ドルへと29%増加しました。

また21年度の損失は2,070万ドルで、昨年の4,500万ドルから減少しました。この減少は、繰延税によるものです。財務上のマイナスのほとんどは、減価償却費に関するものだったとされています。

さらに2021年度決算では、NextDCの成長を牽引したのはエンタープライズ顧客の着実な増加でした。同期間中に183社の顧客を新規獲得し、総顧客数は1,547社となりました。また、契約利用率は8%増の75.5MW、データセンターの相互接続数は13%増の14,718件となり、経常収益の7.7%を占めました。

NextDCのCEOクレイグ・シュロッギーは、以下のように述べています。「21年度の業績が、2月の上半期決算報告の際の上方修正をさらに上回り、市場の期待に応えることができたことを嬉しく思います。」

「今日の結果は、COVID-19の世界的な流行により、より困難な経済状況を背景に、当社が卓越性を追求してきたことを証明するものです。」

強い吸引力

同社はまた、シドニーとメルボルンに建設予定のデータセンターの開発状況も明らかにしました。

S2施設は設置が完了し、総設備容量は30MWになりました。S3の建設は「順調に進んでおり」、第一段階は2022年度後半に計画通り終了する予定です。NextDCは今年3月、同社最大級のデータセンターであるS3の建設を開始しました。

S3はシドニーのローワー・ノースショアに位置するアーサーモンに建設開始しました。大型設備を支えるための「ハイブリッド方式」を採用しているほか、環境に配慮したさまざまな工夫が施されています。また同社はさらに、300MWのS4施設の用地を確保したと発表しました。

NextDCは7月に、シドニー西部に新たなデータセンター用地を確保しました。S4はシドニー市場の中で、NextDCの既存のデータセンター(S1 – 16MW、S2 – 30MW、S3 – 80MWで開発中)が現在サービスを提供していない新たな「アベイラビリティーゾーン」で、ハイパースケールクラウドプロバイダーにデータセンターサービスを提供する、重要な長期的拡張機会です。

S4はこの重要なデジタル・ゲートウェイ地域において、企業や政府機関の顧客が重要なインフラ・プラットフォームを拡張するために重要な役割を果たします。

また、M2施設では9MW、M3では10万平方メートルの敷地に150MWの容量を追加しています。

これに先立つ8月、同社は新たなハイパースケールテクノロジーキャンパスの建設に関する正式な計画認可を受けました。M3は、メルボルン中心部から西に約10km離れたウェスト・フートスクレイに位置し、主要な変電所のほか、通信、ユーティリティ、公共インフラに近接した好立地にあります。

W.Media (Venkatesh G記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。