国内IT市場予測、2020年は前年比6.3%減の17兆1162億円~IDC Japan調査

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

IDC Japan株式会社は6日、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を考慮した、国内IT市場予測のアップデートを発表した。2020年のIT市場は、2020年8月発行の前回レポートから1.9ポイント改善し、前年比6.3%減の17兆1162億円と予測している。

 製品別では、IT市場のクラウドシフトや利用形態のサブスクリプション化の進展、テレワークの進展によるコラボレーションツールの普及などにより、COVID-19の影響が相対的に軽微なソフトウェアとIaaSが市場を牽引するものの、PCは前年の駆け込み需要の反動およびCOVID-19の影響によるサプライチェーンの混乱からマイナス成長になることで、製品市場全体での成長を押し下げると予測。一方で、COVID-19研究対策のための理化学研究所向けスーパーコンピューター「富岳」の前倒し導入により、サーバー需要の回復が見られるとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。