DXが進まない日本。データセンター運用も早急に改善を【特集】

新型コロナで生活が激変した2020年が終わり、2021年を迎えました。

国際的にはかなり以前から叫ばれていたデジタルトランスフォーメーション(DX)は昨年、コロナ禍の中、感染拡大を防ぎ顧客・従業員の生命を守りながら、事業を継続させていくために、対応せざるを得ない状況になりました。

経済産業省のレポートが定義する、デジタルトランスフォーメーションにより解決すべき具体的な現状課題は以下とされています。

部門単位でバラバラなITシステムの運用 (経営者、事業部門、IT部門での認識や足並みが不揃い)により、

①システムが複雑化し保守運用 が非効率になる(=“負債化”)

②データ利活用が困難になり事業環境の変化に応じた柔軟なビジ ネスが困難になる

③システム運用のノウハウが属人的となりブラックボックス化する(=システム障害の原因になりうる)

~経済産業省:デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた研究会 WG1 全体報告書(2020/12/28)より一部引用

さて、昨年末ギリギリの12月28日に経済産業省が発行した、「日本国内のDXへの取り組みの現状を赤裸々に記した」このレポートの内容は、驚くべきものでした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。