ノルウェー政府、データセンターに地域暖房システムへの接続を要請

今週配布された提案資料によると、ノルウェー政府は、データセンターや他の大規模な電力ユーザに対し、地域暖房システムへの廃熱提供を検討するよう要請しています。

エネルギー大臣のTina Bru氏は、大量にエネルギーを消費するプラントを建設する、あるいはアップグレードするすべての企業に、廃熱を使用できるかどうかの確認をしてもらいたいと考えています。利害関係者は4月14日までに相談に応じる必要があります。

加熱する議論

Bru氏の提案は、ノルウェーがEUからの指令の実施を進めている最中に出されました。この指令では、大量のエネルギー利用ユーザは可能な場合は廃熱を再利用するよう求めています。ただし、データセンターを含めると、ノルウェーでの実施はEUの要件を超えてしまいます。

EUは、20MWを超えるガス、石油、廃棄物、またはバイオエネルギーの産業プラントに対し、地域暖房供給業者との接続を検討するよう要求しています。スウェーデンのデータセンターフォーラムのレポートによると、Bru氏はこれをノルウェーで押し広げ、2MWを超える容量のデータセンターを含める予定であるとしています。

「EUは何よりもまず、火力発電所プラントへの要件を設定している。しかし、データセンターへの要件も同様設定するのが適切であると考えている」とBru氏は声明で述べています。郊外データセンターは、工場、養魚場、またはプールなどに廃熱を提供する可能性があります。

データセンターは、サーバを冷却することで廃熱を発生させます。データセンターは廃熱処理に関して潜在顧客と連絡を取る必要がありますが、提案によると、Bru氏はデータセンターがメリットを確認し自主的にサインアップすることを望んでおり、これらのシステムに接続する必要はありません。「EU指令の対象であり、火力発電所を持つプラ​​ントは、廃熱を利用する必要がある」とBru氏は述べています。「EUの要件でカバーされていない対象に対して、私たちはそのような要件は作らない」

この動きは、ノルウェー国内のグリッドをより環境に優しいものにするための入札の一部です。社会の電化は進んできており、より多くのグリッド接続、より多くの電力が要求され、価格が上昇していく可能性がある、とBru氏。「気候目標を達成するには、私たちはより多くの電力を必要とするため、電力の必要性はますます大きくなってきている。そのため、既存のエネルギーを可能な限り効率的に利用する必要もある。データセンターは全国に計画されており、工場、建物、養魚場などの廃熱を利用する大きな可能性がある」と 彼女は付け加えます。

ノルウェーは、国を「データセンター国家」にするための戦略的計画を立てており、スカンジナビアの他の地域との競争力を維持するために、エネルギーコストをほぼ削減する減税を提供しています。「データセンターは1キロワット時あたり0.55オーレ(約0.005ドル)の電気税を支払うが、消費者は1キロワット時あたり16.69オーレ(約0.02ドル)を支払う。この低価格は、エネルギーを効率的に使用するインセンティブがほとんどないことを意味する、とBru氏。

Bru氏のコメントをよそに、一部のノルウェーのデータセンター事業者は既に地域暖房システムの熱心なパートナーとなっています。オスロにあるDigiplexのデータセンターは、Fortum Varmeの支援を受け、既に首都の住民を暖かく保つことに貢献しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。