• HPC/AI/量子
  • HPC - スパコン、AI、量子コンピューティングの最新動向

豪Pawsey、50ペタフロップスSetonixシステムの第1フェーズを開始

今年後半に稼動が予定されているフェーズ2で、オーストラリア最強のスパコンになる予定

Pawsey Supercomputing Centre(PSC)は、オーストラリアのパースで、50ペタフロップスの新スーパーコンピュータSetonixの第1フェーズを開始しました。

Setonix フェーズ1では、第3世代AMD Epyc CPUにより、前身のMagnusの2倍の計算能力を実現します。

オーストラリアの有袋類「クオッカ」の学名から名付けられたHPE Cray EXスーパーコンピュータは、2021年9月に西オーストラリア州パースの1,000平方メートルの施設に納品されました。

続くSetonixのフェーズ2は現在オーストラリアに向かっており、レガシースーパーコンピュータMagnusとZeusが引退し、物理的に撤去された後に設置される予定です。Setonix全体の稼働時には、ピーク時で50ペタフロップスに上るとされており、PSCの既存の2システムを合わせたものの最大30倍の性能となることが約束されています。そしてこれはオーストラリアで最も強力なスーパーコンピュータとなります。

Setonixは、フル稼働時には8キャビネットのHPE Cray EXシステムを搭載し、1600ノードで20万以上のAMDコンピュートコア、750基以上のAMD GPUが搭載される予定です。

まもなく引退するMagnusは2015年に発表された1ペタフロップスのCray XC40、一方ZeusはMagnusのプリ/ポストプロセスをサポートするSGI Linuxクラスタで、2017年頃に発表されました。TopazはZeusの拡張として稼働するLinuxクラスタで、43テラフロップスの計算能力と308テラフロップスのGPU能力を持ちます。

PSCは、これらのシステムのほかに、Cray XC30 200テラフロップスのGalaxyシステム、Garrawarlaとして知られる756テラフロップスのHPE GPUクラスタを運用しています。今年初め、PSCは、Quantum Brilliance社が開発したroom-temperature diamond-based(室温ダイヤモンドベース)の量子コンピュータを設置しました。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。