イギリスでVirgin MediaとO2が合併へ

Liberty GlobalとTelefónicaは、それぞれの子会社であるVirgin MediaとO2の英国での事業を314億ポンド(380億ドル)の契約で合併を行います。

Project Pinkとして知られるこの新しい合弁会社は、規制当局の承認を受けた場合、それぞれ50%ずつの株式を取ることになります。

この取引により、英国で2番目に大きいブロードバンドネットワークVirgin Mediaと、Tesco Mobileなどのブランドを通じて2600万人のユーザと3400万人の間接ユーザを抱えるモバイルオペレーターO2が合体します。契約金額は、O2を127億ポンド(160億ドル)、Virgin Mediaを187億ポンド(220億ドル)、そしてそれぞれの債務として約180億ポンド(210億ドル)を含むとグループは述べています。

明るい未来

取引の一環として、Telefónicaは、負債を減らすために57億ポンド(70億ドル)の現金に加え、25億ポンド(30億ドル)のLiberty Globalからの均等支払いを受け取ります。

Liberty Globalは、Virgin Mediaのアイルランド事業を独立させ、14億ポンド(17億ドル)の現金を受け取ります。これは、O2との合併には含まれません。

新たなパートナーシップでは、今後5年間にイギリス国内で100億ポンド(120億ドル)の投資が行われる予定です。予測では、この事業の収益予測は110億ポンド(130億ドル)に達し、2021年までには両社の顧客を合わせて4,600万アカウントになると予測されています。

– shutterstock

尚、EEからのVirgin Mediaの既存300万人のモバイルユーザはO2のネットワークに移管されます。

Liberty Global CEO Mike Fries氏が、合併後の新会社の新会長に就任します。「私たちはこの合併にこれまでにない興奮を覚えている。」と彼は述べています。

「Virgin Mediaは、イギリス国内のブロードバンドとエンターテイメントを超高速かつ革新的なビデオプラットフォームにより再定義した。また、O2も国内で最も信頼性が高く、高い評価を受けているモバイル事業者として広く認知されており、常に顧客第一に考えている。VirginMediaとO2の統合、今日ここに集約の未来がある。」

「我々はベルギーとオランダで、fixed-mobile-convergence(FMC)のメリットを直接目にした。5Gのパワーが1ギガのブロードバンド合わさると、コンシューマーや企業はきっと振り返るだろう。」

Telefónicaの会長兼最高経営責任者のJoséMaríaÁlvarez-Pallete氏は次のように述べています。「O2のナンバー1のモバイルビジネスとVirgin Mediaの超高速ブロードバンドネットワーク、そしてエンターテインメントサービスとの組み合わせは、イギリスでのゲームチェンジャーとなるだろう。」

Data Center Dynamics

原文はこちら