Facebookが2つの新しい太平洋横断ケーブルシステムを発表

北米とインドネシア、シンガポールを結ぶ

Facebookは、北米とインドネシアおよびシンガポールを接続する2つの新しい太平洋横断海底ケーブルに投資を行うと発表しました。どちらも、ジャワ海を横断する新しいルートを採用しています。

「Echo」ケーブルはGoogleおよびXL Axiataと提携し敷設され、2023年までに完成する予定とされています。一方「Bifrost」はPT Telkom Indonesiaの子会社TelinおよびKeppel Data Centresの子会社Keppel Telecommunications & Transportation Limited(Keppel T&T)と提携により敷設され、2024年までの完成が予定されています。

パフォーマンスに関する詳細は発表されていませんが、Keppel、Facebook、およびTelinによるプレスリリースでは、Bifrost Cable Systemは、太平洋横断ケーブルの中では最大容量の高速伝送ケーブルになると主張しています。これら両方のケーブルは太平洋横断の全体的な容量を70%増加させるとFacebookは述べています。

「以前発表した我々のシンガポールのデータセンターへの投資計画に基づき、EchoとBifrostは、シンガポールのデジタル成長と接続ハブを強化するための重要で多様な海底容量を提供する。APGやSJC-2など、シンガポールに接続する他のプロジェクトをさらに発展させることに興奮している。シンガポールはまた、多くの我々のリージョナルチームの本拠地でもある」FacebookのNetwork InvestmentsチームのKevin Salvadori氏とNico Roehrich氏は共同ブログ投稿でこのようにコメントしています。

FacebookのEchoとBifrostへの出資により、Facebookは最大の携帯電話事業者2社を通じてインドネシアに進出することになります。インドネシアは世界で4番目に人口の多い国であり、パンデミックが続いているにもかかわらず、インターネット経済は2桁の成長を続けていると、Google、Temasek、Bain&Coのレポートでは伝えています。

Facebookは現在、シンガポールのTanjong Klingで10億ドル規模の巨大な11階建てのデータセンターを建設しています。このデータセンターは、2022年の運用開始時点で東南アジアで最も高層施設となり、完成時には最大で150MWの電力容量が提供されます。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。