Mahsa Aminiさんの死亡をめぐる抗議デモの中、イランのクルド人地域のインターネットが停止

イラン北西部のクルド人地域で、「道徳警察」による若い女性の殺害に対する抗議デモの高まりを鎮めようとする国家によって、インターネットサービスが遮断させられました。

市民の抗議デモが金曜日に始まって以来、テヘランや他の都市ではサービスレベルが低下していましたが、9月19日(月)には3時間半の停止が発生しました。

障害追跡サービスNetBlocksによると、クルド人地域の都市サナンダジは、インターネットから完全に切断されたとしています。

享年22歳のクルド人女性Mahsa Amini(マフサ・アミニ)さんは、テヘランで道徳警察に逮捕され、殴られてから3日後の9月16日に病院で亡くなりました。彼女は、イランのヒジャブ(スカーフ)の規則に違反した疑いで当局に拘束されていました。

イラン警察は、彼女の死因は心臓発作であると主張しています、しかし彼女の家族は、彼女に健康上の問題はなかったと話しています。

緊張が高まる中、少なくとも5人のデモ参加者が殺害されたとみられています。クルドの市民社会組織は、クルド全土でのゼネストを呼びかけています。

ソーシャルメディア上では、アミニさんの故郷であるサッケズから、抗議者たちがイランの権威主義的指導者であるハメネイ師のポスターを引き裂いている動画がアップされています。

インターネットの混乱を受けて、SpaceX社のイーロン・マスク氏は、「スターリンクはイラン制裁の免除を要請する予定であり、自社の衛星インターネット用アンテナを同国の市民に供給する予定だ」と述べています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。