Supermicroがエッジ向け1U NEBSサーバを発表

Supermicroは1UのNEBS(Network Equipment Building System)サーバシステムを発表しました。

新型サーバは、 AIAR / VR 、トランスコード、ゲーム、およびその他の高度な計算ワークロード向けに設計されており、通信事業者のネットワークに組み込まれた際に低遅延で実行できるとしています。

サーバの動作温度は最大約55°Cで、NEBSレベル3への完全準拠で要求される耐衝撃性、耐震性、および難燃性基準を満たしています。

またサーバには、4基のNvidia V100またはV100S Tensor Core GPUが搭載されています。

5Gエッジ用サーバ

AIHPC、データサイエンス、グラフィックス、5G市場(エッジからコアまで)の成長は続いており、前例のないコンピュータ計算的な課題が顕在化してきている」と、アクセラレーテッド・コンピューティング製品管理部門のシニアディレクターを務めるParesh Kharya氏は述べています。

「Supermicro NEBSレベル3準拠システムに搭載されるNvidia V100 GPUにより、より多くの顧客がこれらの市場に必要なパフォーマンスやスケーラビリティを活用できるようになる」

サーバは、冗長ACまたはDC電源オプションのいずれかで提供され、9基の4cmファンを備えています。2.5インチのホットスワップSAS/SATAドライブベイ2か所と2.5インチの内部ドライブベイ2か所も用意されています。管理用プロトコルとしては、セキュアなSNMP v3、IPv6、およびIPMIがサポートされます。

市場が5Gテクノロジーを中心に方向転換する中、この非常に重要なタイミングでサーバを発表したとSupermicroは主張しています。

「Supermicroは1U NEBSレベル3準拠のV100 GPUアクセラレーションサーバを初めて市場に投入した。これは、AI / AR、IoTに見られる最先端アプリケーションやワークロードを業界で採用させ、5G移行への成功のカギとなる」とSupermicroの社長兼CEOのCharles Liang氏は述べています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください