NEC、神奈川と神戸に新グリーンデータセンターを開設

日本の多国籍IT・エレクトロニクス企業NECは、データセンターの需要増加に対応するため、100%再生可能エネルギーを利用したグリーンデータセンターを新たに2箇所建設します。

「NEC神奈川データセンター二期棟」 は2023年下期、 「NEC神戸データセンター三期棟」を2024年上期 に開設予定です。

データセンター市場は、需要の高まりにより、昨今質的な変化を遂げています。電力の高効率化や再生可能エネルギーの活用によるカーボンフリー社会の実現、企業や行政によるDXの推進に伴うパブリッククラウドサービスの利用加速による接続性・安全性の確保が求められています。

NECのコンピュータ・システムとネットワーク・アーキテクチャの中心は、NECデータセンター-会社の中核です。このデータセンターは、NECの事業運営の中枢を担っており、常時稼働を保証するために、効率性と拡張性の両方が求められている。

そのため、NECはSBTi(Science Based Targets)プロジェクトにより、2030年度に温室効果ガス排出量を2017年度比55%削減する目標を掲げています。

NECは、この目標の達成とお客さまからの温室効果ガス排出量削減に貢献するため、再生可能エネルギーのみで稼働するグリーンデータセンターを新たに2箇所設置するのです。

また、より良いサービスを実現するため、耐災害性・高セキュリティを実現する「安全・安心」、省電力などによる「効率」、各種クラウドサービスへの接続を可能にする「コネクティビティ」の3つの観点でデータセンター事業を今後も強化していきます。

データセンターの成長・運営においてサステナビリティが重視される中、プロバイダー各社はエネルギー効率を高めるための既存施設の改修や、環境を考慮した新規施設の建設を急いでいます。



W.Media(Hazel)より抄訳・転載



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。