2025年までの国内WANサービス市場は年平均0.6%成長、新型コロナによるオフィススペース集約などが影響

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

IDC Japan株式会社は26日、国内WANサービスの市場予測を発表した。2025年の国内法人向けWANサービス市場(レガシー専用線を除く)は6140億円、2020年~2025年の年間平均成長率は0.6%と予測している。

 国内法人向けWANサービス市場の今後5年間については、成長率はわずかにプラスで推移しながら、その程度は徐々に低下していくと予測。市場の成長促進要因としては、企業のクラウドシフトに伴うパブリッククラウドへの接続需要拡大や、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの加速による回線数やトラフィック増加が挙げられるとしている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。