ST Engineering、環境に優しいデータセンタを実現する画期的な冷却ソリューションを発表

ST Engineeringは、データセンター冷却市場に参入するため、新しいAirbitat DC Cooling Systemの発売を発表しました。都市環境ソリューション(Urban Environment Solution: UES)事業のイノベーションである Airbitat DC Cooling System は、熱帯地域のデータセンターに強力な予冷を提供し、従来のチラーシステムのみと比較して年間20%以上の省エネを達成します。これは、熱負荷1kWあたり約104ドルの年間エネルギー節約に相当します。

既存のチラーシステムと組み合わせることで、 Airbitat DC Cooling System は、データセンターが目標とする1.3以下の電力使用効率(PUE)に達することを可能にします。これはUESのライブシステムデータによって裏付けられており、8年にわたるエンジニアリング、研究開発、特許取得済みの蒸発冷却技術によって裏付けられています。この性能は、シンガポールのデータセンターに関する現行の規制要件を大幅に上回るものであり、今後のデータセンター建設において、より厳しい基準を満たすことができるものと考えています。

「当社の定評あるAirbitatソリューションをデータセンター環境向けに再設計することで、二酸化炭素排出量と都市のヒートアイランド現象を抑制しながらエネルギー消費量を大幅に削減する持続可能なソリューションの開発に成功しました。既存のデータセンターに容易に導入することができるため、エネルギー消費を抑え、持続可能な目標を達成するための費用対効果の高いソリューションを求める事業者にとって、魅力的な選択肢となります」と、ST Engineeringの都市環境ソリューション部門長であるガレス・タンは語っています。

「計算負荷の高いアプリケーションの急激な増加やデータニーズの増大により、データセンター業界は急速に持続可能性の転換点に到達しています。 Airbitat DC Cooling System は、業界が今日の最も重要な課題に取り組み、より持続可能な方法で成長をサポートできると確信しています。」

より環境に優しいデータセンターの実現

広範な研究開発に支えられた Airbitat DC Cooling System は、デュアルコイルのコンピュータルームエアハンドラー(CRAH)と、特許取得済みのReevac Deep Cooling技術を搭載した深層冷却ユニットで構成され、データホールの高温の戻り空気を予冷することで、既存のチラーシステムからの熱負荷を40%以上削減することができます。これにより、冷却に必要な総エネルギーが20%以上大幅に削減されます。さらに Airbitat DC Cooling System は、エネルギーを大量に消費するコンプレッサーや冷媒を使用しないため、環境に廃熱を発生させることはありません。また、従来の水冷式チラーシステムと比較して、必要な水の消費量も少なくなっています。

Airbitat DC Cooling System は、高温多湿から高温乾燥まで、さまざまな気候条件下での運用が可能です。そのスマートな制御は、周囲の心理状態を検知し、冷却モードをリアルタイムで自動的に調整し、一貫したエネルギー効率の高い冷却を実現します。さらに、モジュラー設計と必要に応じて拡張できる機能により、さまざまなデータセンターの冷却要件や構造・レイアウトの制約に対応し、ブラウンフィールド開発にもグリーンフィールド開発にも容易に組み込むことができます。

国際エネルギー機関(International Energy Agency: IEA)の推計によると、データセンター産業は現在、世界の電力の約1%を使用しており、2030年までには2桁に達する可能性があります。シンガポールでは、2020年にシンガポールの電力需要の7パーセントをデータセンターが占めることになります。 データセンターのエネルギー需要の40%以上は冷却に使用され、データセンターでは一般的に従来の水冷式チラーシステムが使用されていますが、エネルギーと水の消費量が多いだけでなく、環境中に廃熱を放出することにもなります。気候変動を背景にデータセンターサービスの需要が高まる中、より効率的で効果的な冷却技術は、データセンター業界の持続可能な成長を確保するために不可欠なものとなっています。

Digital Infra Network( Mark Venables 記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。