インプレス「データセンター調査報告書2021」2月26日発売

大規模化が進むハイパースケール/都市型データセンターの動向などを分析

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

株式会社インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート「データセンター調査報告書2021[従来型DCを凌駕する勢いのハイパースケールDCとネットワーク・IXで差別化する都市型DC]」を2月26日に発売する。価格(税別)は、CD(PDF)版が16万円、CD(PDF)+冊子版が17万円。

 同書は、インプレスの専門メディア「クラウド&データセンター完全ガイド」による監修のもと、データセンターの市場動向、サービス動向、テクノロジー動向、データセンター事業者の意向、ユーザー企業の利用動向などをまとめた調査報告書。2007年に第1回目のレポートを発行し、今年で14回目となる。

 近年における国内データセンターの状況としては、クラウド利用が拡大するにつれて、超大規模のハイパースケールデータセンターが増加する一方で、都市型データセンターも大規模化しつつあり、接続性・ネットワークの多様化・強化による差別化が図られている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。