Amazonが支援するCISPEがマイクロソフトに対する反トラスト法違反の訴えに参加

Amazon Web Services (AWS)を含むヨーロッパのクラウドプロバイダーグループが、マイクロソフトに対する反トラスト法キャンペーンを支持したことが、フランスのOVHcloudによって初めて明らかにされました。イタリアのクラウドプロバイダーArubaは、デンマークのクラウドプロバイダーとともに、このキャンペーンに公然と参加しています。

OVHcloudとArubaは、マイクロソフトがOffice製品などのライセンスを利用して自社のAzureクラウドを優遇し、マイクロソフトのソフトウェアがOVHcloudやArubaなどのサービスよりもAzureの方が安価か高機能になるようにしていると欧州委員会に苦言を呈しています。

支配的なプレーヤーであるAmazonを含む(マイクロソフトは含まない)クラウド業界団体CISPEは、苦情に対するマイクロソフトの対応を批判しています。

「曖昧なコミットメント」

マイクロソフトのブラッド・スミス社長は、批判から学び、欧州のクラウドプロバイダーとより緊密に連携することを約束しましたが、CISPE(欧州のクラウドコンピューティングリーダーの連合体)は、これではマイクロソフトによる意図的な反競争的行為に対抗するには十分ではないと指摘しています。

「CISPEは当社の会員とその顧客に実害をもたらした変更が、マイクロソフトのソフトウェアライセンスの改良による単なる『予期せぬ結果』だとは信じられない」と、CISPEは声明で述べています。「もっと勉強してから変更する、という曖昧な約束ではなく、早急な行動が必要です。クラウド事業者も顧客もこうした十分に証明された慣行が終了して初めて、欧州におけるクラウド産業の公平な競争の場を確保することができるのです。」

CISPEはマイクロソフトが疑惑の慣行を終わらせるために「決定的で効果的な動き」をし、CISPEとフランスのビジネスグループCigrefが作成した一連の「公正なソフトウェアライセンス」の原則を支持しなければならないと述べています。「マイクロソフトがこの原則を完全に遵守することは、同社のライセンス慣行に対する業界の正当な懸念に取り組むという同社の真の決意を示す強いシグナルとなるだろう。」

一方CISPEは規制当局に対し、「マイクロソフト社に対する包括的な主張を完全に調査すること 」を求めています。

マイクロソフトに対する訴状は2021年の夏に提出されましたが、3月にOVHcloudがWall Street Journalに伝えるまで明らかにされていませんでした。その内容は、マイクロソフトが 「クラウドコンピューティングサービス市場における公正な競争を損ない、消費者の選択肢を制限する 」ような形で「支配的な地位を乱用している」と主張しています。Bloombergの報道によると、Arubaは現在、この行動に参加していることを確認しており、Danish Cloud Communityと名乗るデンマークのプロバイダーのグループも、この行動に参加しているとのことです。

CISPEは、欧州の競争監視機関(欧州委員会競争総局)に苦情を申し立て、「欧州デジタル単一市場で活動するクラウドサービスプロバイダー間で公平な競争条件を確保するため 」に行動が必要だとしています。

また顧客がWindowsやOfficeなどの重要なソフトウェアをマイクロソフトのAzureではなく競合のクラウド上で実行する場合、より多くの料金を支払ってアクセスする必要があると訴え、監視機関にマイクロソフトの慣行を調査するよう求めています。マイクロソフトはアプリケーション市場の力を利用して、自社のクラウドインフラストラクチャを不当に有利なものにしているのです。

マイクロソフトは過去にも、1990年代にOSでの優位性を利用して生産性ソフトウェアを強化したとされ、2000年代には同様にWindows Explorerブラウザを優遇しているとされ、反トラスト法違反の訴訟に直面したことがあります。

今回のクレームに対して、マイクロソフトのブラッド・スミス社長はBloombergに対して、「確かに有効な懸念がある 」と認め、学習して 「いくつかの変更を加える 」ことを約束しました。

これは、OVHcloudやArubaといったヨーロッパのクラウドプロバイダーとより密接に連携していくことを意味するようです。スミス氏は問題に対処するために「彼らとの直接的な対話が十分でなかっただけだ」と認めています。「確かに有効な懸念はある」と彼は取材に答えています。「もっと多くのことを学び、何らかの変更を加えることが非常に重要なのです」。

マイクロソフトは以前、DCDに対する声明の中で、同社のクラウドマーケティングを擁護しています。「クラウド市場は成長しており、ヨーロッパのクラウドプロバイダーはマイクロソフトのソフトウェアとサービスを利用して成功したビジネスモデルを構築しています。クラウドプロバイダーは、顧客またはパートナーのいずれが購入したかにかかわらず、マイクロソフトのソフトウェアを使用して顧客にクラウドサービスを提供する多くの選択肢を享受しています。」

DCDは、最新の動向を踏まえた最新情報を要請しています。

CISPEは、クラウドコンピューティングの普及と顧客への説明を目的として2015年に設立され、データ保護や可逆性に関する行動規範や、その公正なソフトウェアライセンス原則を作成しています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。




関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。