• 電気/冷却
  • 最新の電気・冷却効率化の取り組みを紹介

水不足に悩む英国のデータセンター事業者

英国のテムズ・ウォーター社が地域内のデータセンターインフラの水使用量を見直すというニュースを受け、データ分析会社Global Dataのアナリストは、気候変動の結果としてデータセンター事業者、水道会社、地方議会が直面する問題に注目しています。

気候変動によりデータセンターはエネルギー効率と冷却効率の向上を目指していますが、2022年の夏に見られたような世界的な干ばつが常態化する未来では、水冷などの技術革新が相容れないと見なされる可能性があります。

GlobalDataのテーマ別情報チーム主席アナリストDavid Bicknellは、次のように述べています。「私たちは、データセンターの運営に必要な資源について、環境的な逼迫ポイントに到達しています。液体冷却に切り替えることで、データセンターの電力使用量を削減することができますが、ヨーロッパや米国の干ばつに見舞われた地域では、水はますます希少な資源になっています。

「英国では過去50年間で最も乾燥した夏を迎えており、水道会社は水漏れを減らすことができないため、エネルギー消費の大きい冷凍システムに代わる安価な方法として、1時間に25リットルの飲料水を使用してデータセンターを冷却したいと考えている事業者は、その選択肢が枯渇しつつあることに気付いています。雨水や河川の水を浄化することは、事業者にとってよりコストがかかり、環境ライセンスも必要となる。しかし、その水を使用することで、近隣の水位が低下する可能性があります。」

「データセンターは比較的少数の雇用しか生み出さないので、地元の土地や環境資源をデータセンター開発に利用することに地元議員が反対し始めるのも不思議ではありません。2022年初頭、南ダブリン郡議会は、郡開発計画の一環として、2028年までこれ以上地元のデータセンター開発を阻止する動議を可決しました。このような決定を下す組織は他にも出てくるでしょう。」

GlobalDataのデータセンター技術担当主席アナリストChris Drakeは、次のように述べています。「近年、いわゆるハイパースケールデータセンターは、エネルギー効率の高い設計、最新の冷却システム、再生可能エネルギーへの依存の使用により、高いレベルのエネルギー効率を達成することに成功しています。しかし、既存のデータセンターが拡張され、新しいデータセンターが主要なハブ拠点に建設されるにつれ、有限な土地、エネルギー、水資源に大きな圧力がかかるようになりました。」

「世界の多くの地域で干ばつが長期化し、今後続く可能性があることから、データセンターの水消費に対する監視や批判が高まり、新たな規制を求める圧力が強まることが予想されます。代替冷却システムへの切り替えは、多くの場合、既存の圧力に対処するのに役立ちますが、代替技術への切り替えが一夜にして行われることはほとんどありません。」



Digital Infra Network( Michael Nelson 記者)より抄訳・転載



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。