NECとNTT Com、新冷媒を用いたデータセンター冷却システムを開発

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

日本電気株式会社(以下、NEC)とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は28日、 データセンター 内の通信機械設備の空調におけるノンフロンの新冷媒を用いた冷却システムを開発し、共同実験を行ったと発表した。実験では、従来方式の 冷却システム と比較して、空調消費電力を半減できることが確認されたという。

新冷媒(ノンフロン)は、温室効果を示す地球温暖化係数が自然冷媒(二酸化炭素)とほぼ同じとなる冷媒で、主にカーエアコンなどに使用される高圧冷媒(R1234yf)と、冷水冷凍機用途(水冷)などで使用される低圧冷媒(R1224yd)がある。NECとNTT Comでは今回、低圧冷媒(R1224yd)を空調機用途(空冷)として世界で初めて開発・実用化した。