NRI、自社DC内でオラクルのクラウドサービスを利用できる「OCI Dedicated Region」を大阪DCにも追加導入

資産運用ソリューション「T-STAR」のサービス基盤とDR環境を構築

日本オラクル株式会社は22日、株式会社野村総合研究所(以下、NRI)が、企業データセンター内でクラウドサービスを提供する「OCI Dedicated Region」を、東京データセンターに継いで、大阪データセンターにも導入したと発表した。NRIでは、資産運用ソリューション「T-STAR」のサービス基盤および災害復旧(DR:ディザスタリカバリ)環境を、自社の東京・大阪データセンター内に設けられたOracle Cloud Infrastructure(OCI)上で稼働開始させている。

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。