フロリダ州の男、10億円相当の偽のシスコ・ネットワーク機器を販売したとして起訴

欠陥製品は政府や病院で使用されていた

中国から違法に輸入した10億ドル相当の偽のシスコ・ネットワーク機器を販売していた男が起訴されました。

フロリダ在住のOnur Aksoy容疑者は、Ron AksoyやDave Durdenとも名乗っており、Amazonに少なくとも15店舗、eBayに10店舗、ニュージャージー州とフロリダ州に19の会社を設立し、偽造品を販売したとして起訴されています。男は少なくとも2013年から営業していた罪に問われています。

偽造製品の顧客には、病院、学校、政府機関、軍などが含まれていました。

Aksoy容疑者は自身の「Pro Network Entities」を通じて、中国や香港から何万台もの偽のCiscoネットワーク機器を輸入し、米国や海外で販売していたとされています。

これらの製品は、より新しく、より高価に見えるように改造された、古い下位モデルのシスコ機器でした。

中国の偽造業者は、古い下位モデルの機器を、真新しく、強化された、より高価なシスコの機器に見せかけるために改造していました。シスコのソフトウェアはライセンスをチェックし、真正性を確認するため、偽造業者は信頼性が低く、しばしば欠陥のある部品を追加していました。

当然のことながら、このことは、製品が完全に壊れたり、顧客ネットワークを混乱させたりする傾向があり、高額な修理が必要になることを意味しました。

2014年から2019年にかけて、シスコはAksoyに対し、偽造品の売買の停止を求める手紙を7通送りました。Aksoyはこれらの手紙のうち少なくとも2通に対して、弁護士にシスコに偽造書類を提出させたと言われています。

2014年から2022年にかけて、税関国境警備局(CBP)は、中国と香港からPro Network Entitiesに出荷される約180件の偽造シスコデバイスの出荷を押収しました。

CBPの監視を避けようと、中国の共謀者は出荷品を小さな小包に分割して別の日に出荷し、Aksoyはオハイオ州で少なくとも2つの偽の配送先住所を使用していたと言われています。

2021年7月、捜査官はAksoyの倉庫で捜査令状を執行し、小売価格700万ドル以上にのぼる1,156台の偽造シスコデバイスを押収しました。

Aksoyは、郵便および電信詐欺を行った罪、および偽造品を取引するための共同謀議で起訴されています。郵便不正行為と電信不正行為の罪は、それぞれ最高刑で懲役20年の可能性があります。偽造品売買の罪には、それぞれ最高で10年の懲役が科される可能性があります。また、それぞれの罪状には、25万ドルまたは犯罪による総利益もしくは総損失の2倍の最高罰金が科される可能性があります。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。