富士電機が期待するインドのデータセンター市場の成長

インドのデータフットプリントは急速に拡大していますが、これには多くの要因があります。

この成長は、新開発のテクノロジー、高速インターネット、スマートフォン、企業のデジタル化、電子政府への取り組みなどによって、かなり後押しされています。個々のデータセンタービルにのみ需要が集中していた以前と比べ、現在、インドでは拡張性の高いデータセンターパークが必要とされています。

IoTやクラウドベースのアプリケーションの増加により、デジタルインフラの発展が加速しています。データセンターには膨大な量のストレージとインフラが構築され、それが保管されています。データセンターはインターネットの心臓部であり、これらの情報を常に利用できるようにするために、停電の場合でも稼働し続ける必要があります。

そのため、UPSはデータセンターに欠かせない部品の一つです。富士電機は、インド市場向けに最も幅広い電源バックアップソリューションを提供しています。そのUPS製品は、過酷な産業、軽工業、商業、IT&ITeS、データセンター、ヘルスケア、監視、銀行金融サービス保険(BFSI)、SOHOセグメントなど様々な用途に合わせて作られています。

エネルギー部門のビジネスヘッドである KG. Deenathayalanは、次のように述べています。

「インドではデジタル化のスピードが速く、政府の政策もあり、需要が高まっています。10年前、インドには十分な顧客がおらず、ハイパースケーリングの準備が整っていませんでした。今は技術が格段に向上し、ニーズも拡散しています。コストを管理し、時間枠の中で技術をマッチングさせることができれば、インドにおけるUPSシステムのビジネスは驚くほど成長するでしょう。」

富士電機は1923年の創業以来、エネルギーと環境の技術革新を追求してきました。富士電機インド社は、富士電機グループの100%子会社で、2009年に設立されました。しかし、富士電機は1985年からインドで事業を展開しています。これは当初、計装機器やUPS機器を製造・販売するジョイントベンチャーを通じて実現されました。

富士電機インドは、2019年にインド最大のUPS企業であるConsul Neowattを買収した後、現在1,000人以上の従業員を擁する全国規模の事業所を持ち、あらゆる業種の顧客にサービスを提供しています。富士電機インドは、インドにおけるエネルギーとオートメーションソリューションのリーディングプロバイダーになるために、新製品とソリューションの発売、販売範囲の拡大、インドにおける人的資源、研究開発、製造能力の追加を含む積極的な拡大戦略をとっています。

「富士電機インドでは、お客様のデータセンターが効率的かつ安全に稼働するよう支援することに全力を注いでいます。その一環として、データセンターのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させる、持続可能で効率的な革新的技術を提供します。当社の製品は、最大限の信頼性が得られるように設計されており、お客様のデータセンターが常にスムーズかつ安全に稼働することを保証します。さらに、当社製品の包括的な技術サポート、Power Audit、保守サービスも提供しています。富士電機の能力のもう一つの特徴は、すべての電源システムおよび機器を自社で設計・製造していることです」とDeenathayalanは説明します。

富士電機のUPSは、自社開発のパワー半導体を使用し、業界最高水準の変換効率を実現しています。

「さらに、専門のエンジニアがUPSやバッテリーの保守・点検を行うことで、機器の信頼性を高めています。当社のAC可変周波数ドライブ(VFD)は、その優れた効率性と信頼性により、データセンターの冷却とスムーズな稼動に必要なさまざまなエアハンドラーやポンプの信頼性の高い速度制御を実現します。当社のドライブは、丈夫で長持ちし、フルパワーで機能することが可能です。アクティブハーモニックフィルタ(AHF)を搭載した富士電機のAC可変周波数ドライブは、IEEE519の基準を満たすために高調波を最小限に抑え、電気インフラの運用効率を向上させます」と述べています。

富士電機の電源管理機器(PDU)は、配電を行いながら、同時に各サーバーラックの消費電力を監視することが可能です。PDUは、最大128極まで監視することが可能です。Deenathayalanは、「高度な分岐回路電力監視システムを使用することで、データセンター事業者は個々の最終回路レベルで電力消費を監視することができ、商用データセンター全体の負荷計画の改善と高度なエネルギー計測を可能にします」と述べています。

デジタルインディアへの対応

インドのデータセンター市場は急速に拡大しており、「Make in India」と「Digital India」イニシアティブにより、インドのメーカーは世界の競合他社に対して競争力を獲得しています。この取り組みにより、世界トップクラスの施設やミッションクリティカルな用途に適したインフラの設置が可能になりました。

富士電機は、革新的で費用対効果の高いソリューションを市場に提供し、業界をリードしています。同社の新しいSMD製造施設は、「Make in India」イニシアティブへのコミットメントと、高品質の製品とサービスを顧客に提供することへの注力を示す一例です。

「インドのデータセンター業界において、当社の提供する製品は他に類を見ません。当社のフラッグシップ製品であるFALCONシリーズは、そのモジュール設計と高度な監視機能により、特に高い人気を誇っています。さらに、当社の高度な高調波フィルタ(AHF)、配電盤(PDU)、静止型トランスファー・スイッチ(STS)、HVACシステム用低電圧(LV)ドライブが、品質と価値の比類ない組み合わせを提供します」とDeenathayalanは説明しています。

富士電機インドの最先端ソリューションの完全なポートフォリオは、最も要求の厳しいデータセンター環境でも最適な性能と信頼性を確保できるよう設計されています。

富士電機では、現地での製造と研究開発事業を拡大するため、「Make in India 」イニシアティブを開始しました。この取り組みにより、全国に80以上の拠点を設け、ミッションクリティカルなアプリケーションに特化したチームを編成しています。インドでの存在感をさらに高めるため、富士電機はSMD製造施設を設立し、より柔軟でコンパクトなサイズ(単一モジュールで2.4MW)の新しい超大型データセンターなどの製品を製造する予定です。Deenathayalanは、「これらの新しい施設は、インドの経済を活性化させ、顧客に最先端の技術ソリューションを提供するのに役立ちます」と断言します。

インドのテクノロジープロバイダーにとって、高い適応性、ソリューションのタイムリーな提供、これらのデータセンター設立の旅に沿った付加サービスによるサポートなど、データセンターへの厳しい期待に応える素晴らしい機会となっています。また、効率性を高め、拡大する負荷需要に対応する拡張性の高いソリューションを提供し、二酸化炭素排出量の削減を支援する、最高のグローバル技術を提供することに専念しています。

デジタルインディアへの準備

将来のデータセンターは、迅速なアップスケーリング能力と持続可能なエネルギーアーキテクチャを念頭に置いて建設されることが予想されますが、5G、AI、IoTなどの影響は、私たちが明確かつ適切に予測できない方法でゲームを変えるかもしれません。データセンター企業は、とてつもない成長の見込みを生かしながら、業界特有の困難に対応するために、より一層の俊敏性と革新性を発揮する必要があるでしょう。

テクノロジープロバイダーにとっては、高い適応性、タイムリーなソリューションの提供、データセンター設立までの付加サービスによるサポートなど、データセンターへの厳しい期待に応える素晴らしい機会となっています。また、効率性を高め、拡大する負荷需要に対応する拡張性の高いソリューションを提供し、二酸化炭素排出量の削減を支援する、最高のグローバル技術を提供することに専念しています。

W.Media (Venkatesh Ganesh 記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。