2020年度の国内ネットワークセキュリティビジネス市場は5792億円規模、働き方の変化で今後も市場は拡大~富士キメラ総研調査

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

株式会社富士キメラ総研は5日、ネットワークセキュリティビジネスの国内市場を調査し、その結果を「2020ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 市場編」「2020ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 ベンダー編」にまとめた。

市場編では、セキュリティサービス19品目、セキュリティ製品27品目の市場を分析。ベンダー編では、セキュリティソリューションベンダー28社、セキュリティツールベンダー18社の分析を行っている。

 ネットワークセキュリティビジネスの国内市場については、2020年度の市場規模は5792億円(前年度比8.9%増)と推計している。

 市場動向については、マルウェア「Emotet」による大規模な被害や、大手企業に対するサイバー攻撃の被害が増加していることに加え、特定の企業をターゲットとする標的型攻撃や、セキュリティ対策が手薄なグループ会社や取引先を経由して大手企業などに攻撃するサプライチェーン攻撃など、攻撃手法の高度化・複雑化が進んでいることから、ネットワークセキュリティビジネスの需要が高まっていると分析。市場は今後も拡大を続けていき、2025年度の市場規模は7874億円(2019年度比47.8%増)に達すると予測している。

【参考記事】Intel、Nvidia、Microsoft、CiscoなどがSolarWindsマルウェアに感染(2020.12.24)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。