グリーンデータセンター市場の成長~Research And Market報告

「グリーンデータセンター市場:世界の市場動向、シェア、サイズ、成長、機会、2021-2026年の予測」 (Green Data Centre Market: Global Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2021-2026)がResearchAndMarkets.comによって発表されました。

レポートによると世界のグリーンデータセンター市場は、2021-2026年の間に約22%のCAGRで成長すると予測されています。COVID-19の不確実性を前提としたこの分析では、パンデミックがさまざまなエンドユーザー市場に与える直接的な影響だけでなく、間接的な影響も継続的に追跡・評価しています。

グリーンデータセンターとはデータの保存、管理、配信のためにコンピュータやサーバを収容する環境に優しい施設のことです。主に太陽光、風力、水力を利用し、コンポーネントは最大限のエネルギー効率と最小のカーボンフットプリントを目指して設計されています。一般的に使用されるコンポーネントには、省エネ電源、集中加湿、高効率サーバー、ルーター、暖房・換気・空調(HVAC)、発光ダイオード(LED)システムなどがあります。従来のデータセンターと比較してこれらのシステムは、ワークロードの分離を助け、集中管理とデータ移行の容易さを提供し、より高い耐障害性を持ち、次世代のストレージ体験をユーザーに提供します。

この市場を牽引しているのは、エネルギー効率の高いコンピューティングシステムへの需要の高まりであり、これは産業界のデジタル化の進展によって促進されています。さらに環境意識の高まりと、増加を続けるするデータを保存・管理するためのデータセンターの普及が、市場の成長を後押ししています。グリーンデータセンターは通常、ビルや施設のテラスに風力発電所や太陽光発電所を設置して設計されています。また廃水をリサイクルして冷却に利用しています。

さらにこれらのデータセンターの建設には、低排出ガスの建材、塗料、カーペット、廃棄物リサイクルシステム、持続可能な造園など、さまざまな製品のイノベーションが成長を促進する要因となっています。またメーカー各社は、エネルギー効率の高いシステムを構築するために、蒸発冷却、ヒートポンプ、太陽電池、触媒コンバーターなどの代替技術を採用しています。これに加えてITインフラの著しい成長が、市場をさらに押し上げる要因となっています。



Digital Infra Network (Elliot Robinson 記者)より抄訳・転載



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。