DigitalBridge Group、PCCWのデータセンター資産買収に向けて交渉中

DigitalBridge Group Inc.は、PCCWのデータセンター資産を買収する交渉を行っています。

このデータセンター資産の評価額は6億ドル以上になる可能性があると、 関係者の話としてブルームバーグ・ニュースが報じています。ニューヨーク証券取引所に上場しているDigitalBridgeグループは、デジタルインフラストラクチャのグローバルリーダーであり、接続性を可能にするネットワークへの投資、構築、運用を行うことでデジタル経済の原動力となっています。

両社は契約の詳細を詰めており、早ければ今月中に発表する可能性があります。

PCCW Solutionsは昨年、MyTelehaus社からマルチメディア・スーパーコリドーの中心にあるマレーシアのデータセンターを買収しました。マルチメディア・スーパーコリドーは、マレーシアのデジタル経済の成長を加速するためにマレーシア政府が指定した地域です。

2020年度はCOVID-19のパンデミックにより、旅行、ホスピタリティ、小売などの分野で一部の顧客が被害を受けたものの、PCCWは僅かながらも増収を報告しました。

これは、データセンターサービスへの強い需要、香港での堅調なプロジェクト、東南アジアでの事業拡大によるものです。PCCWは、データセンターとマネージドサービスによる経常収益が27%増加したと述べています。

今月初めDigitalBridgeグループは、東南アジアの高成長市場に特化した無線タワープラットフォームのリーディングカンパニー、EdgePoint Infrastructureを設立しました。同社は現在までに、インドネシアとマレーシアで10,000以上のサイトを確保しており、アジア太平洋地域の市場でさらなる成長の機会を検討しています。

W. Media(Venkatesh G記者)より翻訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。