OVHcloud創業者がBladeを買収

フランスのクラウドホスティング企業OVHcloudの創業者であるOctave Klaba氏の投資ファンドJezby Venturesは、競合のクラウド企業であるScalewayを抑えて、倒産したBladeを買収し、そのゲームストリーミングサービスであるShadowを手中に収めました。

新体制では、今回の買収入札でScalewayと手を組んだとされるBlade元CTOのJean-Baptiste Kempf氏を除き、全ての従業員はそのまま維持されます。

OVHcloudデータセンターの火災事故に関する更新情報をアップする合間に、Klaba氏はTwitter上で「パリ商事裁判所で(Bladeの)買収先に選ばれたことを非常に嬉しく思う」とコメントしていました。

 

「野望はシンプルです。世界最高のクラウドゲーミングサービスを構築するということです。我々は全てを一つの箱に収めました。優秀なチーム、設備投資の心配もない、世界市場に向けて!」

パリ商業裁判所への入札の中で、JezbyはBladeの未払いのサーバーを購入し、それをOVHcloudへ売却し、その後同社からサーバーを借り直す計画であると説明していました。

今年初め、Jezbyは2018年にサービスを終了したコンシューマ向けクラウドストレージサービス「hubiC」をOVHから買収していました。

同社はBladeのストリーミング技術をhubiCの運営に役立てる計画を立てています。統合後もしばらくはゲーム事業は継続されるようですが、より広範なリモート・コンピューティング・サービスの提供も計画されています。

Klaba氏は次のように述べています。「我々は、この技術、そして他の多くの技術を使って、様々なものを提供していきます。私たちは、SaaSにおける20年周期のイノベーションを始めようとしています」

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。