中国、独自の海底光ファイバーケーブルを開発へ

中国は、欧州、中東、アジアを結ぶデータリンク「SeaMeWe-6」の工事入札に失注後、代替としての独自の海底光ファイバーケーブルを開発することを決定したと報じられています。
 
このケーブルルートは、フランス、エジプト、サウジアラビア、シンガポールなど複数の国を経由した後、中国の海南省と香港に分岐し、2025年の完成が見込まれているとのことです。
 
中国の通信会社であるChina Mobile、China Telecom、China Unicomが資金を提供し、Huawei Marine Networks(HMN Tech)が敷設するこのネットワークは、中国に世界との高速接続を提供するだけでなく、大規模なデータ収集を促進し、欧米の監視活動から中国を保護する可能性もあります。
 
海底ケーブルは、中国が未来を切り開こうとするもう一つの領域です。国際データの95%以上が海底ケーブルを経由しているため、電子メールから金融取引に至るまで、さまざまなデータを伝送するこのケーブルは、国家にとって貴重な情報源となっています。
 
匿名を条件に語った関係者の話によると、2023年4月、台湾政府は台南にインターネットケーブル端末を建設し、さらに2本の海底ケーブルを敷設して通信の耐障害性を高める準備を進めているということです。

W.Media ( Lanxin Zhang 記者)より抄訳・転載

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: oh5dncjn.png

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。