世界的な光ケーブルの不足により、遅延と価格上昇が発生

ヘリウム不足の中、価格が最大70%上昇

世界的な供給不足の中、光ファイバーケーブルの価格が高騰し、リードタイムが延びています。

市場調査会社Cru Groupによると、Financial Timesが最初に報じたように価格はヨーロッパ、インド、中国で最も上昇しています。ファイバーの価格は、2021年3月の記録的な安値から最大70%上昇し、1キロメートルあたり3.70ドルから6.30ドルになっています。

米国は最も影響が少なく、価格は2%程度上昇しています ~ただし、2012年以降、毎年値下げが行われた後です。

Cru Grouopのアナリスト、マイケル・フィンチは、「導入コストが突然2倍になったことを考えると、各国がインフラ構築のために設定した目標を達成できるかどうか、また、これが世界の接続性に影響を与える可能性があるかどうかに疑問が生じている」と述べています。

半導体や冷却材の不足と同様に、供給制約も多面的な打撃になっています。

新型コロナの影響でファイバーの増設やハイパースケールの拡大で需要が高まっただけでなく、主要部品が供給制約を受けているのです。

ロシアと米国の工場停止はヘリウムの不足を招き、価格は過去2年間で135%上昇しました。同時に、もう一つの主要部品である四塩化ケイ素の価格も、Cruによれば最大50%上昇しています。

世界最大のファイバーメーカーであるコーニング社のウェンデル・ウィークス最高経営責任者は、Financial Times紙に「私の職業人生の中で、これほどのインフレの逼迫は見たことがない」と語っています。

「しばらくは厳しい状況が続くでしょうが、このハイパークランチは乗り切れるでしょう」とも述べています。

一部のファイバー製品のリードタイムは、大口顧客で20週間、多くの中小顧客でほぼ1年にまで上昇しました。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。