ヒューズがvXchnge DCに衛星通信ターミナルを配備

米国のコロケーション事業者vXchngeは、データセンターの1つに衛星通信会社Hughes(ヒューズ社)のターミナルを配備しました。

HughesのJupiter Systemは、VXchngeのネットワークにリンクする超小型地球局(Very Small Aperture Terminal: VSAT)であり、同社のインターネットサービスであるHugh-netをより適切にカバーできるようにします。 VSATは、Hughesのハイスループット衛星(HTS)からの信号を受信するルータと衛星放送受信アンテナで構成されています。

HTSは、通常の固定衛星サービス(FSS)と呼ばれるものよりも高いスループットを提供します。 Hughesは、40基を超えるHTSにアクセスして、インターネットビジネス向けの幅広いブロードバンドアプリケーションを提供しています。

空高く

衛星通信は、電話、テレビ、ラジオ、インターネットなど、地球上のデバイスに向けて信号を提供し、軍事、航空、無線通信、宇宙探査、石油・ガス産業などで活用されています。

MarketWatchによると、衛星通信市場はCAGR(年平均成長率)10.5%で、2024年には89億ドルを超えると予想されています。

Hughesは、衛星製造企業のEchoStarが所有しています。 Hughesは2011年にEchoStarにより約13億ドルで買収されました。同社は、ワシントンDC郊外、米国メリーランド州ジャーマンタウンに拠点を構えています。 EchoStarの主要取引先は、Elon Musk氏のSpaceX社です。

業界内のその他の主要企業は、China Satcom、AsiaSat、Hughes、Bharti Airtel、Space Star Technology、DirecTV、Sky、Eutelsat、skyperfect、Telesatなどです。

– shutterstock

Data Center Dynamics

原文はこちら