IFC、アフリカのデジタルインフラ改善のためにLiquid Intelligent Technologiesを支援

アフリカにおけるユニバーサルで手頃な価格のブロードバンドアクセスを支援するため、国際金融公社(IFC)はLiquid Intelligent Technologies社と提携し、アフリカ大陸におけるデータセンター容量と光ファイバーケーブルの展開を拡大しました。

アフリカ有数の独立系光ファイバー・デジタルサービスプロバイダー Liquid Intelligent Technologiesとの提携は、アフリカにおけるデジタル接続性と多様性を向上させ、この地域の成長するデジタル・エコシステムを支援することを目的としています。

この株式・債券投資は、現在までに総額約2億5,000万ドルにのぼり、同社の子会社であるAfrica Data Centresを通じて、エジプト、ケニア、ナイジェリア、南アフリカにおける超大規模データセンターの容量拡大を支援します。アフリカの人口増加と都市化の進展に伴い、データ消費量は大幅に増加することが予想され、それに伴い現地での安全なデータホスティングの必要性が高まっています。

また今回の投資は Liquid Intelligent Technologies社 のファイバーブロードバンドネットワークの継続的な展開をサポートするものです。同社はサハラ以南のアフリカ地域で10万キロ以上のファイバーブロードバンドネットワークを構築し、企業や個人のインターネット接続を促進するとともに、補完的なデジタルサービスを提供することで、アフリカのデジタルトランスフォーメーションの最前線に立つことができます。

Liquid Intelligentのエグゼクティブチェアマンで創業者のストライブ・マシイヤは「IFCが引き続きLiquidを支援してくれることを大変嬉しく思います。データセンターやファイバーブロードバンドネットワークへの投資は、クラウドやその他のデジタルサービスなどの新しいサービスの導入を促進することで、今後数年間の当社の成長計画を直接的にサポートするものです。」と述べています。

「デジタル技術は、人々、企業、政府のコミュニケーション、取引、情報やサービスへのアクセス方法を急速に変化させています。Liquidと協力することで、アフリカのデジタル経済を支えるインフラやデジタルサービスへのアクセスを拡大し、成長と雇用の新たな機会を創出することができます。これはアフリカの経済変革とより良い社会の構築に不可欠な要素です」とIFCのマネージングディレクター、マクタール・ディオップは述べています。

デジタルインフラはデジタル経済のバックボーンですが、「持続可能な開発のためのブロードバンド委員会」によると、サハラ以南のアフリカでは、2030年までに普遍的で安価かつ高品質なブロードバンドアクセスを実現するために、約1,000億ドルの投資が必要です。普遍的なブロードバンドアクセスを実現するためには、アフリカ大陸には少なくとも25万キロメートルの新規ファイバーが必要です。

アフリカにおけるIFCのデジタル戦略は、ユビキタスで信頼性が高く、手頃な価格の接続を可能にすることを目的としています。これには独立したタワー事業者、データセンター、ブロードバンドの成長への投資のほか、主に脆弱国・紛争国(FCS)や低所得国際開発協会加盟国(LIC-IDA)の携帯電話事業者への支援が含まれます。

IFCは2021年2月にアイルランドの主要証券取引所であるユーロネクスト・ダブリンで行われたLiquid社の社債発行による投資に続き、今回の投資を行い、6億2,000万ドルを調達しました。

Digital Infra Network (Dan Scarbrough 記者)より抄訳・転載 画像

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Digital-Infra-Network-Banner1-1024x311.png

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。