Blackstone

DigitalBridgeが AirTrunk 買収レースに参戦

Blackstone が買収の最有力候補とされる

DigitalBridge が、オーストラリアのデータセンター運営会社AirTrunkの株式買収に乗り出す可能性が出てきました。

米国を拠点とし、デジタル・インフラとAI投資に注力する資産運用会社が、アジア太平洋地域にハイパースケール・データセンターを提供するAirTrunkの入札を準備していると言われています。

DCDの報道によると、AirTrunkの現オーナーであるマッコーリーグループとカナダの公的部門年金(PSP)投資委員会は、事業の全部または一部を売却するかどうかを検討しており、今週、関心を持つ関係者に秘密保持契約書を送付したと報じられています。

The Australian によると、DigitalBridge は現在、KKR、Brookfield、GIP といった企業とともに、同社に注目している企業のひとつです。

Blackstone も関心を寄せているとされ、買収の最有力候補と見られています。

報道では、AirTrunk の売却額は120億豪ドルから150億豪ドル (79億豪ドルから99億豪ドル) の間とされており、The Australian の報道では、50%の株式が売却の対象になるとされています。

同紙によると、売却手続きは来月にも本格化する見込みです。

AirTrunkのオーナーは昨年から別の資金調達先を探しており、新規株式公開(IPO)による上場も検討していました。DCDは昨年9月、マッコーリーとPSPがオーストラリア証券取引所への上場を検討していると報じました。

2015年に設立されたAirTrunkは、オーストラリア、日本、シンガポールなどでハイパースケール施設を運営しています。同社は、地域全体で少なくとも5つの新しいデータセンターを立ち上げる大規模な拡張の一環として、シドニーに320MWのサイトを開設する予定です。

800億ドル超の資産を運用するDigitalBridge は、昨年、シドニーを拠点とするAMPキャピタルのインフラ株式投資事業の買収を完了させており、オーストラリア市場にはすでに精通しています。同事業はその後、InfraBridgeと改名されました。同社は、オーストラリアとアジア太平洋地域にデータセンターを持つ Vantage をはじめ、数多くのデータセンター会社を所有しています。

Blackstone はオペレーターの QTS を所有していますが、QTS は現在アジア太平洋地域には進出していません。KKRとGIP (後者は最近 BlackRock に買収された) は CyrusOneを所有しており、同社もオーストラリアには拠点を置いていませんが、日本に進出しています。

BrookfieldはDCIデータセンターでオーストラリア専門のオペレーターを所有し、米国を拠点とするEvoque business は、2022年に国際的な撤退が広がる中、オーストラリア、シンガポール、香港の施設から撤退しました。

Cyxteraは最近、破産中に買収され、Evoque に統合される予定ですが、現地のオペレーターであるSifyとの提携を通じて、インドで容量を提供しています。BrookfieldはインドのDigital Realtyの合弁事業にも投資しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。