• エッジ/IoT
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

IoT企業Sigfoxの買収候補に9社が浮上

現在苦境に立たされているフランスのIoTスタートアップSigfoxに興味を持つ買収候補企業9社が浮上しました。

Sigfoxは先月、製品の売れ行きが鈍く、またCovid-19の影響でIoT業界は厳しい状況にあるとして、フランスで破産保護を申請していました。米国の連邦破産法第11条に相当する管財・再生手続は、同社の要請によりトゥールーズの商事裁判所で開始されました。

SigfoxのCEOジェレミー・プリンス氏はJDNに対して、9 社が Sigfox の少なくとも一部の買収に関心を示しており、そのうち 7 社が Sigfox Corporation とフランスの Sigfox SAS の両社の買収を提案していると述べています。

候補企業は以下の通りです。

  • Actility(フランスのIoT企業)
  • Buffet Investment Services Consortium(南アフリカの投資ファンド)
  • Greybull Capital LLP
  • Heliot Europe Gmbh(中欧のSigfox事業者)
  •  Iwire Innovation Management Ltd(中東の Sigfox事業者)
  • UnaBiz(アジアのSigfox事業者)
  • Oteis France(フランスのインフラ・コンサルティング&エンジニアリング企業)
  • Sentiens(Sigfox の創業者で元 CEO の Ludovic le Moan が 2021 年に同設立したフランスの IT コンサルティング会社)
  • Groupe Zekat(フランスの技術グループ)

「これらの申し出に安心した、良いスタートだ」と、プリンス氏は話しています。

2010年に設立され、IoTデバイス向けの低消費電力無線ネットワークを開発するSigfoxは、この間も事業を継続しています。同社がこの状況に至った理由について、”IoTの離陸 “が適切なタイミングでなかったとし、彼は “これから先のボリュームが相当なものになることは間違いない “と述べています。

プリンス氏は昨年、新たな資金調達を試みたが実現せず、そしてパンデミックとその後のサプライチェーン問題で、顧客の注文を期限内に回収できなかったことを合わせ、2021年には「数百万ユーロ」の損失を出したと話しています。

「これらの困難が重なり、負債が重くなり、私は追加融資を要請する代わりに、自分の責任を取ってSigfoxを管財人の監督下に置くことを好んだ 」と彼は話しています。

プリンス氏は、米国部門など他のSigfoxの子会社については、管財人の監督下には置かず、通常通り業務を継続するとしています。Sigfox Corporationの買い手は、現在の契約や負債を抱えたまま子会社全てを引き継ぐか、売却を検討するか、2つの選択肢があると指摘しています。

IoTネットワーク分野のアーリープレイヤーであるSigfoxは、Salesforce、Intel、Samsung、NTT、SK Telecom、エネルギー企業TotalやAir Liquideなどの企業から3億ドル以上の資金を調達していました。しかし、昨年度の決算では、売上高が2400万ユーロ(2700万ドル)強、金融負債が1億1800万ユーロ(1億3280万ドル)で、9100万ユーロ(1億200万ドル)近い純損失を計上しました。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。