Blackstone、QTSを67億ドルで買収へ

Blackstone Group Inc.は、QTS Realty Trust Inc.を67億ドルで買収し、同社のデータセンター事業を非公開とすることで合意したと報じられています。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、同社の Blackstone Infrastructure Partners 部門と BREIT と呼ばれる同社の非上場不動産投資信託が、QTS に対して一株あたり 78ドルを支払うことで合意したと報じています。

またWSJは、両社が本日この取引に関する正式な発表を行う予定であるとしています。今回の取引は、QTSの既存債務の引き受けを含めると、約100億ドル規模になると評価されています。

2003年に設立され、カンザス州オーバーランドパークに本社を置くQTSは、北米およびヨーロッパの28カ所に700万平方フィート以上のデータセンタースペースを所有する不動産投資信託(REIT)です。QTSは、2012年にニューヨーク証券取引所にIPO(新規株式公開)しました。

昨年、同社はアトランタとオレゴンに新たな施設を開設し、最近ではアトランタにさらに100万平方フィートの施設の建設計画を発表しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。