NokiaがバーレーンにおけるBatelcoのプライベート5G展開をサポート

石油やガスを含む様々な産業をサポート予定

バーレーンの通信会社Batelcoは、同国全域に5Gプライベート・ソリューションを提供するにあたり、フィンランドのベンダーNokiaを選びました。

Beyonグループの一員であるBatelcoは、現在の5Gパブリック・ネットワーク以外にもサービスを拡大しようとしていると述べました。石油・ガス、電力・電気、製造、港湾など、あらゆるミッションクリティカルな業界に5Gプライベート・ワイヤレス・ネットワーク・ソリューションを導入する予定です。

これを支えるため、Nokiaはデジタル・オートメーション・クラウド(DAC)やモジュラー・プライベート・ワイヤレス(MPW)などの技術を提供します。

BatelcoのCEOであるMaitham Abdullaは、次のように述べています。「この提携を通じて、Nokiaの卓越したグローバルな知見を活用しながら、市場に関する当社の専門知識をフルに活用することができています。その結果、バーレーンの基幹産業に強力なプライベート・ワイヤレス・ネットワークを導入することができました。高性能の接続ソリューションが利用できるようになることで、ネットワーク利用の新時代が始まることでしょう。また、労働者の安全性の成果が変化し、イノベーションが促進され、さまざまな部門で収益の流れが増加するでしょう。」

Nokiaは、プライベート5Gネットワーク契約を多数締結しています。昨年1月には、スペインの通信事業者Cellnexと2,050万ユーロ(2,220万ドル)の契約を締結し、スペインの鉄道インフラ事業者Adif Alta Velocidad(Adif AV)のプライベート5Gおよびパブリック5Gネットワークの構築を進めてきました。

10月には、ジャマイカの港湾にプライベート・ネットワークを展開する計画を発表しました。また、6月にはTelefónicaと協力して、中南米でプライベートLTEと5Gワイヤレス・ネットワークを共同で販売することを明らかにしています。これらのプライベート・ネットワークは、港湾、鉱業、エネルギー、製造業など、同大陸全域の産業をサポートするために使用される予定です。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。