Mobile towers

インドでセルタワー設備の窃盗犯9人が逮捕される

AirtelとJioが盗難被害に

インドの警察は、60,000ドル(約72,000円)相当のセルタワー機器を盗んだとして9人を逮捕しました。

The Hindu紙の報道によると、ハイデラバード南地区機動部隊は、Kacheguda警察およびAdibatla警察とともに、テランガナ州全域で窃盗を働いた一団を逮捕しました。

一味は様々な現場から、遠隔無線ユニット(RRU)、遠隔無線ヘッド(RRH)、ベースバンドユニット(BBU)、Bharti AirtelとReliance Jioの各ネットワークのセルタワーケーブル線など、様々な機器を盗みました。

Banavath Nagaraju(23歳)、Maloth Nagesh(24歳)、Chukkolu Shiva(22歳)、Dilshad Malik(24歳)、Chand Malik(29歳)、Shaharyan Malik(20歳)、Shail Malik(20歳)、Neerudu Chaitanya(33歳)、Lavoori Ravi Naik(27歳)が逮捕されました。

「Kacheguda警察により、インド刑法379条(窃盗罪)に基づき立件されました。さらなる捜査は、各個人を立件した各警察署で行われます」とタスクフォースDCPのS.Rashmi Perumalは述べました。

現場での犯罪行為を調査した結果、警察はNagarajuとNageshがともにハイデラバードのAirtel Networksで通信塔を組み立てるタワーリガーとして働いていたことを突き止めました。

この二人は、アシスタント・エンジニアのAshokとともに現場から機材を盗み、さらにそれをShivaに売ったとして告発されています。その後、Dilshad、Chand、Shaharyan、Sohailの4人が経営するコンピュータのスクラップ業を通じて顧客に販売されました、と当局者は説明しています。

2024年1月11日から3月25日までの間に、カチェグダ、カイラタバード、SRナガー、マドゥーラ・ナガー、ミールペット、ヴァナスタリプラム、ナゴレ、ハヤトナガル、バラナガル、シャムシャバードで、Airtelに関連する機器の盗難に関する11件の事件が起きています、と同誌は報じています。

Jioも盗難の影響を受けており、同社のタワーリガーであるChaitanyaは、元社員から自動車運転手に転身したNaikとともに、作業現場であるAdibatlaとBDL BhanurからRRHを盗んだとして告発されています。

警察は一味から13台の Airtel 4G RRU、1台の Airtel 5G RRU、8台のJio 4G RRH、600メートルのケーブル線、10台の携帯電話を押収しました。

米国では今月初め、4人の男がT-Mobileの契約者を装ってセルタワーの現場でケーブルを盗んだとして逮捕されました。

銅やその他の金属の価値を考えると、ケーブルの盗難は通信業界にとって長年の問題でした。

先月、アラバマ州ジャスパーでは、200フィートのタワーを丸ごと盗んだとして荒らしが告発されました。

1月にはオクラホマ州で銅窃盗の容疑者が488フィートのロッド・セル・タワーを倒し、推定50万ドルの損害を与えました。

その他、英国、南アフリカ、ガーナ、ボツワナでも多数の事件が報告されています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。