チャイナモバイルが5G/6Gの統合試験衛星を打ち上げ

中国移動通信(チャイナモバイル)は、5Gと6Gテクノロジーをテストするため、2機の実験衛星を地球低軌道(LEO)に打ち上げたと報じられました。これらの衛星は高度500kmに配備され、衛星と地上のネットワークの統合を模索し、両システムをサポートすることを目的としています。

中国科学院マイクロ衛星イノベーション・アカデミーと共同で開発されたLEO衛星のひとつは、軌道上でのソフトウェア再構築とコアネットワーク機能の柔軟な展開を容易にします。もう1つの衛星は、中国の衛星会社Ubinexusと共同開発したもので、陸上空間の5Gオペレーティングシステムを搭載しています。

これらの衛星は、衛星通信を地上の5Gおよび6Gセルラーネットワークに組み込み、遠隔地へのカバレッジを拡大する方法を試験すします。6Gが標準化されるのは少なくとも6年後と予想されていますが、今後の3GPPリリース18標準では、地上波以外のネットワーク(NTN)を5Gインフラに統合することが決まっています。

Juniper Research は、2029年までに人口密集地域で6Gサービスが開始されると予測しています。

中国はすでに328万の5G基地局を誇っており、さらなる拡大が計画されています。また、2030年までに6Gの商用化を目指しており、標準化は2025年頃になる見込みです。



W.Media ( Hazel Moises 記者)より抄訳・転載



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。