• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

連邦準備制度の銀行間決済システムが停止し、米国経済の重要部分が混乱

数千億ドルの取引が遅延

金融機関が送金できるようにするための米連邦準備制度理事会のシステムが、24日水曜日に数時間停止しました。

詳細は公表されていませんが、「オペレーションエラー(誤操作、操作ミス)」が引き起こした障害により、 Central Bank、Check 21、Check Adjustments 、FedACH、FedCash、FedLine Advantage、FedLine Command、FedLine Direct、FedLine Web、Fedwire Funds、Fedwire Securities、およびNational Settlementのサービスが停止しました。

このシステムは通常、毎日3兆ドルを超える処理するために使用されます。

資本主義、中断

連邦準備制度理事会は声明のなかで、次のように声明を発表しました。「我々の技術部隊が、障害原因を連邦準備

– shutterstock

制度の運用上のミスであると判断した」「支払い期限に影響を及ぼすことは認識しており、可能な場合はお客様に改善への取り組みをお知らせします。現在問題解決に努めておりますので、もうしばらくお待ちください」

誤操作はサイバー攻撃によるものとは考えられていません。

シンシア・ルミス上院議員はTwitter上で、「協力して、より早く、より信頼性の高い支払い方法を確保しましょう」とコメントしました。

911同時多発テロを受けて移行、連邦準備制度は金融システムの稼働時間の維持に積極的な関心を示してきました。

また2003年には、最大かつ最も影響力のある金融機関の非公開リストを作成し、データセンターの冗長性を強化するように指示しました。

更に企業と組織らに対し、メイン施設・バックアップ施設を異なるグリッドや給水系統上にあることを確認し、他の多くのレジリエンス力に関するベストプラクティスに従いうよう指示しました。

2019年、金融セクターの多くがクラウドに移行し、特にクラウドベンダー1社に移行したことで、連邦準備制度はバージニア州のAWSデータセンターへの正式調査を実施しました。

この調査は、Amazonのレジリエンス力とバックアップシステムを中心に行われ、クラウド施設への数度の訪問の最初のものであったと考えられています。

ソフトウェアまたはハードウェアの問題によって引き起こされる単一障害は、依然として米国経済の重要な部分を損なわせる可能性があります。

2019年、ウェルズファーゴのデータセンターで火災が発生した際には、顧客がATMやオンライン及びモバイルバンキングのアカウントにアクセスできなくなった問題が発生しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。