• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

インド国立証券取引所が停止、通信サービス事業者2社を非難

デリバティブ取引量が世界最大のインド国立証券取引所(NSE)は今週、技術的な障害が発生し停止しました。

4時間にわたる停止とコミュニケーションの欠如は、パニック売りに繋がり、投資家の損失につながったと考えられています。

GameStop株よりも速く下落

証券取引所は声明の中で、「NSEは冗長性を確保するためにサービスプロバイダー2社と複数の通信リンクを持っているが、NSEシステムに影響を及ぼすとするリンクの障害報告を両方の通信サービスプロバイダーから受け取った」と述べていました。

– shutterstock

国内市場規制当局インド証券取引所(SEBI)は、NSEに対し、即時の根本原因分析を実施し、レポートを提出するように依頼しました。

「「取引停止」から生じる例外的な状況を考慮して、NSE、BSE、およびMSEIでの取引時間を午後3時30分から午後5時まで延長することを決定した」とSEBIは声明を発表しました。

停止の中で、パニックに陥った投資ブローカーは別の取引所で日中の株式ポジションを閉鎖し始め、重大な損失を引き起こしました。

また今週は、米連邦準備制度理事会の銀行間決済システムがダウンし、数千億ドルの送金が保留になった事故も発生したばかりです。

過去にも、ロンドン証券取引所ニューヨーク証券取引ノルディックNASDAQシンガポール証券取引所東京証券取引所なども停止事故を起こしています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。