• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

ハイチ、燃料費抗議デモで光ファイバケーブルが複数切断され、インターネットが不通に

接続は回復したが、国家は依然として危機的状況

ハイチで、記録的なインフレと燃料費の高騰に対する抗議行動の中、複数の光ファイバーケーブルが切断され、インターネットサービスが不通になる事件が起きました。

通信会社のDigicel社は、この問題を抗議者らが起こしたものあると非難しています。「一部の地域では、バリケードを作るために木が切り倒されたり、同じ理由で道路が掘られたりして、当社の光ファイバケーブルの多くが著しい損傷を受けた」とDigicelは主張しています。

「当社は、この困難な状況下でもお客様が接続を維持できるよう、可能な限りの努力を続けることを国民の皆様に伝えるとともに、この機会にインフラの保護にご協力いただくようお願いします」と同社は付け加えています。

インターネット障害追跡サービスNetBlocksによると、この障害は9月15日に始まり、国全体の接続レベルは通常の34%程度にとどまっているとしています。

「事業者は今週、少なくとも7か所の光ファイバの切断を確認し、バリケードによって修理が困難になっている」

サービスはその日のうちに回復し始めましたが、抗議行動は続いており、企業やチャリティ倉庫、政府所有のテレビ局などが攻撃されている状況です。

ハイチでは、小麦粉などの輸入主食の価格が68%以上上昇し、インフレ率が30%を超えたため、国民の半数近くが深刻な飢餓に直面しています。

政府は燃料費の補助を行っていますが、年間でおよそ4億円もの損失が出ています。大統領代行兼首相のアリエル・ヘンリー氏は今週、補助金を削減すると発表し、貧困が深刻化する中、燃料費の値上げを実施しました。デモ隊は彼の辞任を要求しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。