• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

インターコンチネンタルホテルズグループの大規模障害は、不正なアクティビティが原因

システムが停止し、顧客は予約に苦労

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)に影響を与えた数日間の障害は、”不正なアクティビティ”が原因であったようです。

侵害の規模や顧客情報が影響を受けたかどうかはまだ分かっていません。

IHGのウェブサイト、アプリ、サービスは、日曜日の午後9時(東部標準時)から断続的にダウンしており、数十万件の予約損失が発生しているようです。

同社は、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・イン、ホテルインディゴ、クラウンプラザ ホテル、リージェントホテルズ&リゾーツなど17のブランドを所有しています。

同社は、「著しい混乱」は不正行為によるものだと述べていますが、サイバー攻撃と見られるものについて、これ以上の詳細を明らかにしませんでした。今回の事件がランサムウェアなのかハッキングなのかはまだ明らかになっていません。

IHGは、この事件を調査するために外部のサイバーセキュリティ専門家を任命し、規制当局への通知を行ったと述べています。また、ホテルは、予約が取れたものについては、まだ営業していると付け加えています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。