新型コロナが「2025年の崖」問題を加速⁈【特集】

データセンター運用責任者が今すぐ検討すべきこと

「日本企業が、複雑化・ブラックボックス化したレガシーシステムの問題を解決できず、デジタルトランスフォーメーションが実現されなければ、2025年以降に最大で12兆円/年の経済損失を生む可能性がある」このように経済産業省が提唱した「2025年の崖」問題をご存じの方も多いと思います。

「2025年の崖」は既に始まっている?

2020年も後半に差し掛かりますが、今年は新型コロナに振り回された一年となり、それが奇しくも世界的なデジタルトランスフォーメーション(DX)を一気に加速させました。

マイクロソフトCEOのSatya Nadella氏は、2020 Q1の四半期決算報告で「2か月で2年分のデジタルトランスフォーメーションが見られた」と述べています。

ということは、「2025年」としていた時期も同様早まったと考えるべきでしょう。