北東アジアCloud&Datacenterアワードサミット開催[オンラインイベント]

北東アジアは、ローカルインターネットの速度が世界で最も速い地域の一つであり、優れたITインフラと5G、IoT、AIなど豊かなデジタルの未来が期待されています。W.Mediaが12月に開催するアワードの前哨戦第二弾として2021年10月21日に開催されるこのサミットに参加して、地域のクラウド・データセンターのトレンドに耳を傾けましょう。

今回のサミットでは、中国本土、台湾、日本の市場に焦点を当て、さまざまなプロジェクトやカテゴリーを紹介するほか、北東アジアで見られる急激な成長に、それぞれの市場がどのように対応しているか、現地の専門家に話を聞きます。

日本は政府機関による厳しい規制にもかかわらず、デジタルトランスフォーメーションの加速に成功し、2030年までに735億米ドルの経済成長が予想されます。斬新な視点と才能を結集することで、日本経済はデジタル経済の長期的な恩恵を受けることができます。また在宅勤務の定着は、中国本土や台湾の電子商取引や通信業界の活性化にも貢献しています。デジタル化に向けた市場の戦略的な動きにより、増大する需要に対応するための堅牢なデジタルインフラが整備され、様々な産業で生産コストを下げるためのオペレーション技術の向上が見られます。

基調講演、パネルディスカッション、インタビューで、注目すべき動向や分析をご紹介します。

2021年10月21日の北東アジアアワードサミットで、急速に発展する北東アジアの最新トレンドをキャッチしましょう。お申し込みはこちらから(Register Nowをクリック)

W.Mediaによるスポンサード広告

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。