AWSがヒューストンにLocal Zone Edgeのアップグレード拠点開設

第1世代よりも多くのコンピュートインスタンスを提供

Amazon Web Services(AWS)は、テキサス州ヒューストンに新しいLocal Zoneを開設しました。

「本日、AWSはテキサス州ヒューストンに新しいAWS Local Zoneを一般提供することを発表します。この新しいLocal Zoneは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のC6i、M6i、R6i、C6gnインスタンスと、Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)のボリュームタイプgp2、gp3、io1、sc1、st1をサポートしています。また、Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)、Application Load Balancer、AWS Direct Connectにもこの新しいLocal Zoneでアクセスでき、エッジで幅広いワークロードをサポートすることができます」と同社は今週発表しました。

Local Zonesは、エンドユーザーやオンプレミスへの低レイテンシーを必要とするアプリケーションをホストするエッジロケーションとして機能します。各ゾーンは、レイテンシーが重視されるアプリケーションのために、人口集中地に近い場所で選択されたサービス(コンピュート、ストレージ、データベースなど)を提供します。各ゾーンは特定の親リージョンの「子」であり、そのリージョンのコントロールプレーンによって管理されます。

Local Zonesは2019年に初めてローンチされ、それ以来AWSは米国の16のメトロで17のゾーンを展開してきました。Local Zonesはアトランタ、シアトル、ボストン、シカゴ、デンバー、ダラス、ヒューストン、カンザスシティ、ロサンゼルス(x2)、ラスベガス、マイアミ、ミネアポリス、ニューヨーク、ポートランド、フィラデルフィアで利用できます。

AWSは当初、2021年5月にヒューストンでLocal Zoneの一般提供を開始すると発表していました。その当初のLocal Zone(us-east-1-iah-1として知られている)は、新しいus-east-1-iah-2aゾーンに置き換えられ、当初のLocal Zoneは利用可能な場所のリストから削除されたようです。

ヒューストンの拠点は、利用可能なサービスとインスタンスの範囲を拡大する一連のLocal Zoneのリニューアルの最新版です。ダラス、シカゴ、フェニックスでも、ここ数ヶ月で第2世代のLocal Zoneが開始されました。

米国だけでなく、AWSはヨーロッパ、ラテンアメリカ、アフリカAPACの国際市場において、10以上のLocal Zoneを立ち上げています。

DCDが何度も要請しているにもかかわらず、AWSはLocal Zonesがどのような施設内にあるのか、どのようなコンピュートインフラを使用しているのか、詳しく説明していません。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。