Google がノルウェーのデータセンターに着工

240MWのキャンパスがスキエンに誕生

Googleがノルウェーで初のデータセンターキャンパスに着工しました。

Google NorwayのカントリーディレクターであるTine Austvoll Jensenは、今週LinkedInでこう発表しました。「本日、ついに我々はスキエンに新しいデータセンターを建設するために6億ユーロ(6億4,640万ドル)を投資することを発表しました。これは、地元と全国的な価値創造と雇用という形で、多くのプラスの波及効果をもたらすでしょう」

キャンパスの規模についての詳細は明らかにされていませんが、プロジェクトは2026年に始動する予定です。プレスリリースによると、この第一段階において、Googleは240MWを割り当てられたということです。また、この施設は廃熱を提供する準備も整っています。

これは同社にとって北欧初のデータセンターとなります。Googleは2022年10月に初めてノルウェーのデータセンターリージョンの計画を発表しました。当時、同社はそれ以上の詳細を共有していませんでした。

同社は2019年頃、オスロの南西約85マイルに位置するスキエンのグロムストゥル地区に約200ヘクタールの土地を取得しました。

地元メディアによれば、売り手はノルウェー最大の森林所有者のひとりであるLeopold Løvenskioldで、この土地を数億クローネ(2億クローネは現在約1,800万ドルに相当)で手に入れたということです。

同社は2017年、ノルウェーのTellenessと170MWのPPAを締結しました。

スキエン市の市長であるMarius Roheim Aarvoldは、次のように述べました。「私たちは、Googleがここ スキエン で最初のデータセンターの建設を開始する決定を下すのを心待ちにしていました。自治体として、Googleがノルウェーへの大規模な投資を行う場所として選ばれたことを誇りに思います。私たちは、グロムストゥルを、デジタル社会の必須条件であるデータセンター運営のための新たな地域産業エリアとして実現するため、引き続き協力していきたいと思います」

このプロジェクトは昨年話題になり、キャンパスに最大860MWの電力が必要とするとの報道もありました。しかし、市長によると、この数字は地域全体の長期的な予測であり、ハイテク企業のエネルギー需要に限ったものではないということです。

当時、Aarvold市長は、同キャンパスの初期段階は20MW、その後100MWとなり、2030年に向けてさらに120MWの第2期建設を計画していると述べていました。

「データセンターはデジタル基盤の重要な一部であり、新たな安全な雇用の創出、排出量の削減を可能にし、とりわけデジタル化のペース転換を確実にする」と、ノルウェーのデジタル化担当大臣であるKarianne Tungは述べています。

マイクロソフトは2019年にノルウェーのAzureクラウドリージョンを2つ立ち上げました。しかし、1つはその後上場廃止となり、現在は予約制のアクセスリージョンとなっています。AWSはオスロにEdgeロケーションを持っています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。